• 1位MAX

    知名度抜群!出会い率がハンパないです!

    エッチ目的で利用している人達ばかりだから出会いが早い! 出会える機能が充実!詳細検索で目的の相手を即検索! セキュリティ、サクラ対策が万全!怪しい書き込みは即削除! 安心のサポート体制で困った時には大活躍!
    とにかく知名度が抜群!!幅広い年代のユーザーが利用中で特に多いのが人妻です。 プライベートとセフレとの関係をハッキリさせてくれるから、セフレが欲しい人にはおすすめのタイプ! 使い方もとても簡単でネット初心者の方でも使いやすいとして好評のサイト。
  • セフレ・不倫・愛人、アダルト出会いALLOKのサイトが登場!

    メール送信の簡単登録でスグにお目当ての相手探しが可能! エッチな女性が多いので出会えるスピードが早い! 会員数が多いのでご近所さんと出会いやすい! 全国各地、様々なタイプの男女が利用しているので出会い探しに困らない!
    ハニーラインは、全国各地に多くの利用者がいるので色んな地域で相手探し探しが可能。 掲示板には、常にアダルト目的の募集をする書き込みが常に更新されているので、出会いに困る心配なしですよ!
  • 他サイトにはない高機能で出会いやすいのが特徴!

    充実した検索機能で目的ピッタリの相手を探しやすい! 即会い目的で利用OK!条件が合えばその日で会える事も有り♪ プライバシーが心配な方でも安心のフリーメール登録可能。 20代~30代の若い男女がメイン!
    ハニートークの人気の秘訣といえば、他サイトにはない高機能ツール! 目的の相手を細かく設定出来るので、相性抜群の相手と出会える上に利用者の満足度も高くハニートークで複数人のセフレを見つけて楽しんでいる方も多くいますよ。

現在のテレクラは、出会いではなく、テレセを提供している!?


テレクラとは

出会い系サイトが広く一般に受け入れられる前は、出会いの手段として、テレクラが一般的でした。昔ながらの「店舗型」のテレクラは、まず、男性客がお金を支払って、個室に入ります。そこで、ジュースを飲んだり、漫画を読んだりしながら、部屋に取り付けられた電話が鳴るのをただひたすら待つのです。

外にいるヒマをしている女の子が、そのテレクラに電話をかけると、通話の早いもの勝ちである店舗では、個室にあるすべての電話が鳴り出します。そこで、一番早く受話器を取った男性が、その女の子と話をできるというわけです。もうひとつ、かかってきた電話を、ひとつひとつ店側が管理しているところもあります。個室に待っている男性らに、順々に電話を回していくんですね。

通話が始まったら、とりあえず少し話をしてみて、この人と会ってもいいかどうかを探ることとなります。もちろん、男性にも相手を選ぶ権利はありますが、会うかどうかの決定権は、基本的に女性側が所有します。女性になんとかして取り入らなければ、適当に世間話をされて、ごまかされて、何事もなく通話は終了してしまいます。テレクラでは、いかに向こうのご機嫌を取り、会ってもいいかなと思わせるかが勝負どころでした。作家だとか、社長だとか、身分を偽る男性も少なくなかったようです。

そうしたテレクラを経由して成立する出会いは、ほとんどが、肉体関係を結ぶものでした。さらに言えば、そういったところに電話をかけて、パパ――援助交際の相手を探す女の子も少なくはなかった。女子高生、女子中学生が、お金を求めて、テレクラに電話をかけていたのです。

現在のテレクラ

そうしたテレクラ、テレフォンクラブも、出会い系サイトが普及するにつれて、徐々に衰退していきました。お店の数は激減し、男性らのそこの利用目的も変わっていきました。テレクラの料金というのは、インターネットカフェとあまり変わりません。つまり、ホテル代わりとして利用する男性客が増え、出会いのために入店する人はほとんどいなくなってしまったのです。

それもそのはず、出会い系サイトのほうが、出会いを探す場合には便利だからです。どこかに足を向ける必要はありませんし、場所もとらない、料金もかさばらない。テレクラに入るだけのお金があれば、出会い系サイトではかなり遊ぶことができますし、通勤電車の中や、仕事の休憩中、つまらない授業の最中や、なんの予定もない休日に家にいながら、出会いを探すことができるのです。

もちろん、テレクラのほうが出会えるというのなら、テレクラ業界はここまでの衰退を見せなかったことでしょう。しかし、出会い系サイトの登場によって、女性までもがそちらに流れてしまったのです。電話のまったくかかってこないテレクラ。それはもう、単なるインターネットカフェです。それも漫画や飲み物の揃えの悪い中途半端なネカフェです。儲かる見込みはまったくないですよね。

そのような事情から、店舗型のテレクラは姿を消し、彼らは、非店舗型の事業に方向性を切り替えていったのです。それが現在のテレクラです。パチンコ雑誌や、成人向け雑誌の後ろのほうに、なにやら怪しい広告のあることは、みなさんご存知でしょう。地域別の電話番号が掲載されていて、中央に、AV女優と思しきセクシー衣装の女性がポーズを取っている。あれこそが、店舗を捨てた現在のテレクラなのです。

料金という面では、進歩も改善もありません。出会い系サイトよりは遥かに高額に設定されています。また、唯一の取り得であった、セックスを前提とした出会いを、本気で提供しているとも思えません。なぜなら、それらテレクラの電話番号は、都道府県別にしか分かれていないからです。

たとえば、日本の最北、北海道の先端の稚内(わっかない)に住む男性が、出会いを求めてテレクラに電話をかけたとしましょう。すると、そのサイトに登録している北海道在住の女性に電話が繋がるわけですが、もしその人が、青森に程近い函館に住む人であったなら、二人の出会いは現実的ではありません。車で十何時間もかかる距離です。

もしテレクラが、出会い系サイトのように、出会いを提供しようとしているのであれば、電話番号はもっと細かく、たとえば東京であれば23区それぞれにといった具合に用意するはずです。けれども、そうされていないのですから、やはりテレクラは、出会いではなく、別の何かを、有料で、ユーザーに提供しようと考えているのでしょう。

テレクラのしたいこととは?

非店舗型のテレクラが、サービスとして提供したいのは、「テレフォンセックス」です。出会いやセックスは、今のテレクラにとって副次的なものでしかありません。テレフォンセックスというのは、お互いに声を聞きながら、聞かせながら、オナニーをするというもの。男性視点で言えば、リアルタイムに発せられる喘ぎ声を聞いて、興奮と快感を得ようとするものです。

それが気持ちよいのか、本当に興奮できるのか、という問題は脇にやっておくとして、今もテレクラが非店舗として生き残っているのは、そのテレフォンセックスというものに、多大な需要があることの何よりの証でしょう。もちろんそこから出会いに発展する場合もありますし、テレフォンセックスからそういった関係に発展することを実際多くの男性が望んでいます。テレクラもそれを期待してはいます。

ただし、あくまでもテレクラでは声でのエッチがメインの商品であり、彼らは出会いではなく、アダルトビデオやライブチャットなど、男性の自慰行為を手助けする「オカズ」としてやっていくことに決めたのです。従って、そこに出会いを過度に期待することは、やめておいたほうがよいでしょう。期待するだけ、失敗したときのショックは大きくなりますからね。